気が弱い人こそ、海外FXをやるべきです

この記事を読んでいる方の多くは、おそらくは「気が弱い人」だとおもいます。
気が弱いというのは、基本的には「短所」として皆さん思っていますよね。
それは、皆さんもそうですし、社会一般的に見ても、気が弱いという事は短所です。
しかしながら、必ずしも短所だけではありません。
今回は、気が弱い人にFXの副業をやるべき理由を、説明しますね。

では、どうして気が弱い人にFXがおすすめなのでしょうか?
まず、結論から言うと、FXは気が強い人が負ける世界だからです。

気が強い人にはいくつか特徴があります。
まず、「自信がある」という点です。
これは、一般的には長所として捉えられますよね。「自信がなくて悩んでいます」という方は、非常に多いです。
そんな中で、自信のある人というのは、かっこよく見えます。
しかしながら、自信があるというのは、必ずしも長所ではないのです。
自信がある人にありがちなのは、「自分の弱さに目を向けられない」という特徴があるのです。

例えば、FXでありがちな失敗なのは、これです。
「今回は勝てる気がするからハイレバでかけよう」と何となくの感覚で、大きな賭けをしてしまうのです。

これは、投資でもなければ投機でもなく、完全に「ギャンブル」です。
ギャンブルをやると、FXではほぼ確実に負けます。

もちろん、一時的には勝てるようにはなりますが、最終的にはお金は減っていきます。
なぜなら、FXには「手数料」があるからですね。
自信のある人は、このような賭けに出てしまうのです。

他にも、「他者から学びにくい」というのもあります。
気が強い人ほど、他者から学びにくい傾向があります。それは、自分に自信があるという点もありますが

それ以上に「戦いの中で学んでいけばいい」と思っているからです。
しかしながら、これでは遠回りになります。
なぜなら、戦いの中で学べたとしても、その学んだ時には大怪我をしていたりするからですね。

では、気が弱い人はどうなのでしょうか?
気が弱い人はその逆です。
まず、自信がない人が多いので、運任せみたいな事はしません。

そんな事をしても勝てないのではないか…?と「疑う」という事ができるからです。
そのため、勝てると思った勝負しか挑まないというのが特徴です。

また、傷つく事が怖い人が多いので、傷付かないように、誰かから学びます。
自分の力は弱いと知っているというのもありますね。

また、FXには「海外FX」というものが存在します。
これは何かというと、レバレッジを日本のFXよりも多くかける事が出来るのです。

気が弱い人は、「怖い」と思ってしまうかもしれませんが、先ほどから書いているように、気が弱い人ほどFXに向いています。
なので、海外FXもぜひ検討してみてください。

このように、気が弱い人には海外FXの副業が強くおすすめできます。
ぜひやってみてほしいとおもいます。